| HOME |
|ペット ショップからの投稿目次へ|

 

◆パピー&ドラッグ 獣医さんのペットショップ   

 分 類 獣医師が管理する犬に特化したペットショップ
 住 所 〒130-0025 東京都墨田区千歳3−12−7
 電話番号 03-5669-4468 FAX番号 03-5669-4469
 主なサービス 子犬販売、ペット用品販売、ペットフード(各種特別療法食)、予防薬処方(フィラリア、混合ワクチンなど)
 その他サービス 人間のドラッグストアや薬局のような役割のペットショップを目指しています。病気の予防や飼育管理についてご相談を受け付けております。

 一言PR ・・・・・ 子犬を1匹ずつ狭いケージに入れず、広いケージで兄弟や友達と一緒に社会性を学ぶニューヨーク・スタイルのショップです。また、獣医師が厳選したブリーダーから子犬を入れ、健康な子犬販売を目指しております。
 コメント ・・・・・・  都営線の森下駅、A5出口から徒歩5分。清澄通り沿いにあります。

 
NO.3  2008/09/04        犬の混合ワクチンの重要性 [疾病予防]      

皆さん、こんにちは!
パピー&ドラッグの獣医師、山崎です。
毎日、暑い日が続きますね!
お盆も過ぎましたし、そろそろ涼しくなってほしいですね。


さて、今日は、犬の混合ワクチンについてお話します。
皆さんも、動物病院などで混合ワクチンの接種を勧められたり、
ペットショップで犬を購入する時は、料金がかかってますね。


今日はまず混合ワクチンを簡単に説明して、
順次、それぞれの疾病について解説しますね。
混合ワクチンも何種類かありますが、
大部分が、4種、5種、6種、8種のいずれかです。
当店で薦めている6種混合ワクチンを中心にお話しましょう!


まず、生まれたばかり犬にワクチンは必要ないのでしょうか?
答えは、「必要ありません!」
生まれたばかりの子犬は、人間と同様にお母さんから
「移行抗体」というウイルスなどから身を守る抵抗力を獲得します。
ただし、人間では胎盤を通じて移行しますが、
犬の場合は、生まれて最初に飲む「初乳」に含まれていますので、
子犬が産まれたら、必ず初乳を飲ませないといけません。
飲ませないと、しばらくは怖い病気に罹ってしまう危険性があります。
その初乳に含まれる「移行抗体」は徐々に減少していき、
無くなりかけた45日齢前後で最初のワクチンを接種するわけです。


それと、子犬にワクチン接種の必要がない理由には、子犬に接種しても免疫を
獲得する力が不足していて、逆に副作用の方が怖いと思います。


ワクチン接種は、基本的には1回目のワクチンから1ヶ月後に2回目のワクチン接種、
さらに1ヶ月後に3回目のワクチンを接種すれば、
概ね1年間は、大丈夫なわけです。


次回は、犬の怖い伝染病(特に6種混合ワクチンの病原体)にどんなんものがあるか
解説します。
お楽しみに!


パピー&ドラッグ 獣医師 山崎勝利