| HOME |
|ペット ショップからの投稿目次へ|

 

◆パピー&ドラッグ 獣医さんのペットショップ   

 分 類 獣医師が管理する犬に特化したペットショップ
 住 所 〒130-0025 東京都墨田区千歳3−12−7
 電話番号 03-5669-4468 FAX番号 03-5669-4469
 主なサービス 子犬販売、ペット用品販売、ペットフード(各種特別療法食)、予防薬処方(フィラリア、混合ワクチンなど)
 その他サービス 人間のドラッグストアや薬局のような役割のペットショップを目指しています。病気の予防や飼育管理についてご相談を受け付けております。

 一言PR ・・・・・ 子犬を1匹ずつ狭いケージに入れず、広いケージで兄弟や友達と一緒に社会性を学ぶニューヨーク・スタイルのショップです。また、獣医師が厳選したブリーダーから子犬を入れ、健康な子犬販売を目指しております。
 コメント ・・・・・・  都営線の森下駅、A5出口から徒歩5分。清澄通り沿いにあります。

 
NO.8  2008/10/03  犬伝染性肝炎 [疾病予防]         

こんにちは!パピー&ドラッグの山崎です。
最近、天気も良く、少し涼しい感じでしたが、
今日(9月11日)は突然の雨模様ですね。


さて、今日は、混合ワクチンで予防できる疾病その4、
「犬伝染性肝炎」について解説します。


犬伝染性肝炎は、犬アデノウイルス1型の感染によって起こる、
主に肝炎症状を示す疾患です。
1歳未満の子犬に多く見られ、
速い経過をたどった場合は、発熱や中枢神経症状などを示し、
あっと言う間に死んでしまいます。


通常の経過をたどった場合の症状ですが、
・発熱
・食欲不振
・元気減退
・嘔吐
・下痢
・角膜の白濁
などが見られます。


治療は、通常は入院治療が必要となり、
輸液療法や感染症予防が行われます。
最も速い経過をたどらなければ、ほとんど死亡することはありません。


この病気も、母犬にきちんと混合ワクチンをしておけば、
移行抗体によって子犬は守られますし、
その後の子犬への混合ワクチンでほとんどが予防できます。


犬伝染性肝炎は、5種混合ワクチンでも6種混合ワクチンでも
予防可能です。
お近くの動物病院でぜひ予防してあげてくださいね!


パピー&ドラッグ 獣医師 山崎勝利