| HOME |
|ペット ショップからの投稿目次へ|

 

◆パピー&ドラッグ 獣医さんのペットショップ   

 分 類 獣医師が管理する犬に特化したペットショップ
 住 所 〒130-0025 東京都墨田区千歳3−12−7
 電話番号 03-5669-4468 FAX番号 03-5669-4469
 主なサービス 子犬販売、ペット用品販売、ペットフード(各種特別療法食)、予防薬処方(フィラリア、混合ワクチンなど)
 その他サービス 人間のドラッグストアや薬局のような役割のペットショップを目指しています。病気の予防や飼育管理についてご相談を受け付けております。

 一言PR ・・・・・ 子犬を1匹ずつ狭いケージに入れず、広いケージで兄弟や友達と一緒に社会性を学ぶニューヨーク・スタイルのショップです。また、獣医師が厳選したブリーダーから子犬を入れ、健康な子犬販売を目指しております。
 コメント ・・・・・・  都営線の森下駅、A5出口から徒歩5分。清澄通り沿いにあります。

 
NO.12  2008/11/20  皮膚疾患 その3 マダニ [アレルギー]    

こんにちは!
パピー&ドラッグの山崎です。
ブログ、しばらくさぼっちゃいましたね。
でも、今日から頑張って書きますから、ぜひみてくださいね。


引き続きまして、皮膚疾患 その?として「ダニ」について解説します。

イヌ(ネコも同様)には、マダニ属のダニが寄生することがあります。
ダニはノミと同じように、イヌの血液を吸って生活しています。
ダニの場合には、皮膚疾患というより、
ダニが媒介する別の疾患があったり、重度の寄生の場合には貧血状態になったり、
ある種のダニの唾液に含まれる神経毒による「ダニ麻痺」といわれる疾患があります。

基本的には、ノミと同様にスポットオンタイプ(首筋に垂らしてつけるタイプ)
のお薬が多く使われています。
温かくなる季節から寒くなるまで、
4月、5月ころから12月まで毎月使用するのがよいでしょう。
ノミ予防のお薬と同じものですので、獣医さんに相談してみてください。
当店でも処方できますので、ぜひご相談ください。


次回も引き続き「皮膚疾患」に関して説明します。

パピー&ドラッグ 山崎勝利