| HOME |
|ペット ショップからの投稿目次へ|

 

◆パピー&ドラッグ 獣医さんのペットショップ   

 分 類 獣医師が管理する犬に特化したペットショップ
 住 所 〒130-0025 東京都墨田区千歳3−12−7
 電話番号 03-5669-4468 FAX番号 03-5669-4469
 主なサービス 子犬販売、ペット用品販売、ペットフード(各種特別療法食)、予防薬処方(フィラリア、混合ワクチンなど)
 その他サービス 人間のドラッグストアや薬局のような役割のペットショップを目指しています。病気の予防や飼育管理についてご相談を受け付けております。

 一言PR ・・・・・ 子犬を1匹ずつ狭いケージに入れず、広いケージで兄弟や友達と一緒に社会性を学ぶニューヨーク・スタイルのショップです。また、獣医師が厳選したブリーダーから子犬を入れ、健康な子犬販売を目指しております。
 コメント ・・・・・・  都営線の森下駅、A5出口から徒歩5分。清澄通り沿いにあります。

 
NO.25  2009/03/06   狂犬病 [疾病予防]      

こんにちは!
パピー&ドラッグの山崎です。

寒くなってきましたね〜!
風邪などひかないように気を付けてください。
ちょっとした疲れや油断で思わぬ事態になりまねません。
また、インフルエンザの予防注射も検討する時期です。
暖かくして過ごして下さい。


さて、今日は、メジャーな病気の「狂犬病」と
その予防注射について解説していきます。


狂犬病は、狂犬病ウイルスによって感染する病気です。
ヒトを含むすべての温血動物が感染し、発病すると100%死に至ります。
日本では、2006年にフィリピンで犬に噛まれた日本人男性2人が国内で死亡しています。
その他、国内での発病例はありませんが、
世界中には発展途上国を中心にまだまだ発病しているようです。


まず、見ることはないかもしれませんが、
症状としては、
1.落ち着かない、暗所に隠れる
2.かみつく、よだれ、充血、嚥下不能
3.全身麻痺、衰弱死


狂犬病は、予防注射で予防することができますし、
日本では、犬に狂犬病予防ワクチンを接種することが義務付けられています。
まず、子犬には混合ワクチン接種後に注射し、その後は毎年4月〜6月に追加注射していきます。


もしも日本に狂犬病が入ってきたら大変なことになってしまいます。
可愛いわんちゃんのためにも、私たちのためにも、定期的な予防注射をしてあげてくださいね!


パピー&ドラック 獣医師 山崎勝利