| HOME |
|ペット ショップからの投稿目次へ|

 

◆パピー&ドラッグ 獣医さんのペットショップ   

 分 類 獣医師が管理する犬に特化したペットショップ
 住 所 〒130-0025 東京都墨田区千歳3−12−7
 電話番号 03-5669-4468 FAX番号 03-5669-4469
 主なサービス 子犬販売、ペット用品販売、ペットフード(各種特別療法食)、予防薬処方(フィラリア、混合ワクチンなど)
 その他サービス 人間のドラッグストアや薬局のような役割のペットショップを目指しています。病気の予防や飼育管理についてご相談を受け付けております。

 一言PR ・・・・・ 子犬を1匹ずつ狭いケージに入れず、広いケージで兄弟や友達と一緒に社会性を学ぶニューヨーク・スタイルのショップです。また、獣医師が厳選したブリーダーから子犬を入れ、健康な子犬販売を目指しております。
 コメント ・・・・・・  都営線の森下駅、A5出口から徒歩5分。清澄通り沿いにあります。

 
NO.28  2009/04/02   皮膚疾患 その5 疥癬 [疾病予防]    

今日は、「疥癬」について解説します。
何となく痒そうな病気ですよね!
実は私、学生時代に学生寮におりまして、
そこに出入りしていたネコから疥癬をもらいました。
しかも、学生寮全体に広まり、お風呂では毎日、薬浴してました。
つまり、動物にも人間にも感染する、
しかも感染性の強い病気なんですよ。


原因は、「ヒゼンダニ」というダニ。
毛穴の中に寄生して、ダニがアレルギー性物質を作り出し、
強烈なかゆみを伴います。
もちろん患部には、発赤、湿疹ができますし、重度になると脱毛したりもします。


感染は、ヒゼンダニを持ったイヌやネコが、皮膚をかきむしり、
その時に小さな小さなダニがポロポロと落ちて、そのダニが感染します。
季節性は特にありません。
ヒゼンダニは、皮膚以外の環境下ではすぐに死んでしまうのですが、
皮膚以外で最高3週間生存したとの報告があるそうです。
わんちゃんの生活環境も清潔にすることも大切ですね。


症状は、アトピー、食物アレルギー、その他の細菌や真菌のものとあまり変わりません。
わんちゃん、ねこちゃんが痒がっていたら、その原因をはっきりさせるためにも
動物病院で診てもらいましょう!
治療には、外用や飲み薬も多くの薬剤が効果を発揮しますので、疥癬の場合は
安心して治療してください。

パピー&ドラック 獣医師 山崎勝利