| HOME |
|ペット ショップからの投稿目次へ|

 

◆パピー&ドラッグ 獣医さんのペットショップ   

 分 類 獣医師が管理する犬に特化したペットショップ
 住 所 〒130-0025 東京都墨田区千歳3−12−7
 電話番号 03-5669-4468 FAX番号 03-5669-4469
 主なサービス 子犬販売、ペット用品販売、ペットフード(各種特別療法食)、予防薬処方(フィラリア、混合ワクチンなど)
 その他サービス 人間のドラッグストアや薬局のような役割のペットショップを目指しています。病気の予防や飼育管理についてご相談を受け付けております。

 一言PR ・・・・・ 子犬を1匹ずつ狭いケージに入れず、広いケージで兄弟や友達と一緒に社会性を学ぶニューヨーク・スタイルのショップです。また、獣医師が厳選したブリーダーから子犬を入れ、健康な子犬販売を目指しております。
 コメント ・・・・・・  都営線の森下駅、A5出口から徒歩5分。清澄通り沿いにあります。

 
NO.34  2009/07/13   [疾病予防]    

皆さん、こんにちは!

さて、今日は毛包虫症とかアカラス症などと言われている「ニキビダニ」が原因
である皮膚病をご紹介します。
このダニは、多くの犬がもともと持っていると言われています。
母犬から子犬へと移っているのです。
ただ、ほとんどの犬で発症することなく、経過します。
つまり、内科疾患や悪性腫瘍や糖尿病などを併発し免疫力の低下した場合や
極度のストレスを受けるなどした場合にダニが増殖して発症する病気です。

症状は、かゆみを伴う紅斑が目の周りや口の周り、前足などに出ることが多いですが、
ひどくなると胴体にも出てくることがあります。
この病気を発症した場合は、同時に細菌の感染などを起こすこともあります。

この病気を発症するわんちゃんは、
局所的(部分的)な軽度なものは、自然に治ることがほとんどですが、
重度の場合には、長い期間にわたってダニ駆除をやらなければなりません。
症状が改善しても、それから1か月くらいは治療を続ける必要がありますし、
また、完全にダニを駆除することは難しいとされています。
皮膚に異常が見られた場合には、動物病院に相談してみましょう!

パピー&ドラック 獣医師 山崎勝利